アクセスランキング

2005年のできごと

3月 19th, 2011 >> AKB48の歴史

7月 秋元康プロデューサーのもと、「秋葉原48プロジェクト」第1期生メンバー募集を開始する。
10月30日 全応募者7924人のうち、書類審査で絞られた45人の中から、最終的に24人の合格者(倍率約330倍)が発表される。このうち2011年3月現在もAKB48に在籍するのは前田敦子、高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜、峯岸みなみ、平嶋夏海の6名。
11月3日 都内スタジオで、夏まゆみ指導による合格者のシアターレッスン開始。その後突貫工事中の秋葉原48劇場ステージなどで約1ヶ月間の集中特訓が行われる。
12月8日 秋葉原48劇場の杮落としとなる第1回公演を実施。しかしこの日の観客は2公演で計72名、しかもそのうち65人が関係者で、一般の観客は7名のみだった。
12月16日 劇場の舞台設備トラブルにより公演が不可となったため、告知なしで急遽初の握手会開催。約50人の観客が参加、好きなメンバーとの写真撮影も可能だった。
This entry was posted on 土曜日, 3月 19th, 2011 at 20:01 and is filed under AKB48の歴史. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

post date*

※日本語を一切含まないコメントはキャンセルされます。